納豆のナットウキナーゼで血栓防止

発酵食品は日本人の知恵として、昔から生活のなかに取り入れられている。その代表といえば、やはり、納豆かもしれない。

といいたいが、私は関西の人間なので、納豆という食品を知らなかった。夏休みに埼玉に住むいとこが我が家にやってくると、冷蔵庫に納豆が存在する。それは一年に一度きりの出来事、いとこは親戚のうちを点々とするので、我が家に泊まるのは一泊のみ、そしてその翌朝には食卓に納豆が並べられていた。その頃の私は、興味もなく、なんだかクサイとしか感じなかった。

そして、大人になった私は、茨城県産の納豆というものの味を知った。初めは美味しいとは感じなかったが、いつの間にか生活の一部となり、茨城に何日か滞在したときにいろいろな納豆を食べ比べた。小粒納豆は濃厚で、とても美味しく感じた。そのうえ、茨城の道の駅では納豆を乾燥にしたものが売られていた。食べ始めは、ここまでして納豆を食べなくてはいけないのか・・・、と、少し不思議な気持ちになった。他に食べる物もあるはずなのに、おやつまで納豆・・・。この辺の子ども達は可哀想な気が・・・。

ところが、コレを食べ始めると止められない、お店のレジの人もこれって止められなくなるんですよねと言っていた意味がよく分かった。甘くもなく、油を使っているわけでもなく、何だか、ほっとする味に代わってくるんです。最後はあごが疲れて、ついに止めるしかない。

納豆にはナットウキナーゼという酵素がふんだんに含まれる。このナットウキナーゼは血液をさらさらにするので血栓を予防する。それから、リパーゼなどが含まれるが、これがよくかき混ぜると更に効果が高まるらしい。

日本には生活の一部となった発酵食品がいろいろある。いろいろ探してみなくては。

美肌と関係ない会社から販売される化粧品

最近、えっ、こんな会社がどうして化粧品を販売しているの??と思うことがよくある。なにが化粧品に関連しているんだろうと不思議に思ってしまう。

よく見てみると、ちゃんとした理由がある。今日もテレビを見ていて、富士フィルムの化粧品が紹介されていた。よく見ると、ネガのフィルムの表面に使っていた安定剤はコラーゲン、写真が色あせないために使っていたのが私たちが夏に使っている日焼け止めということだった。その上、コラーゲンは少しでも上質で純度のいいものをと研究し続けてきたので、それが化粧品に応用できたということだった。

それは、ありがたい。私たち中年の人が一番興味があるコラーゲン、これは年齢とともに失われていくのだから補充をしなくてはいけない。そんなコラーゲンがたっぷり含まれていると聞くと関心もある。

そういえば、以前、ダイエット用に試供品を取り寄せたメタバリアも富士フィルムの商品だった。これは、体の脂肪を燃焼させて体温を上げるヒハツや、トウガラシ、それからポリフェノールが含まれている。

どこを見ても、今は、ダイエットと美肌という言葉から目が離せない。

安田大サーカスのCMで酵素を説明する

先日、主人の教え子から酵素って何と質問があった。主人は、分かってもらえるかと酵素の科学的な作用を熱心に説明した。そして、酵素を身近に感じてもらおうと安田大サーカスのCMで、白い軽トラが泥水に突っ込んで白い下着が汚れ、それを酵素入り洗剤で洗い真っ白になるという話をしたそうです。

酵素には基質特異性があり特有な部分に働くこと、酵素には最適温度があり人間の体温で活性化すること、酵素には最適PHがあり、一定のPHで活発に働くこと、それから、酵素は触媒作用があるので化学反応を早め反応物質を多数産生すること・・・と説明したそうです。化学反応も活性物質も発酵食品も全て説明し、主人にとって、もうこれ以上、話すことはない、きっと分かっただろうと。

講義の最後に、学生に今日の授業の復習と題して質問をしてみると、学生からの反応は「酵素って安田大サーカスでしょっ」と同じような反応が返ってきた。主人は酵素の生理活性をを説明するために、身近なコマーシャルを使っただけだったが。

主人の1.5時間の講義は、安田大サーカスで、終わった。人間は身近なもので説明されると頭に入るが見たことが無い内容になると、安田大サーカス、の一言で終わってしまう。酵素反応は目に見えないからである。
次回は、発酵食品を説明するのに、ガスがぶくぶくでているところを見せれば分かるのではないかと、毎晩、カメラでその劇的習慣を待っている。

酵素がたくさんあれば血管は元気!!

私の血管は元気です!!なんていう言葉、聞いたことがないと思われるかもしれません。元気という言葉は、からだとか心が元気ですかと尋ねれたときに、元気かそうではないのか答えるときに使う。人の心はどれくらい元気なのか、からだはどれくらい元気なのかは、病気になったときにしか分からない。血液も一緒で、病気になったときに血液の異常をみて、初めて私の血液は元気ではないと理解できる。

酵素が十分あると血液の老廃物を浄化し、血液をさらさらにする。逆にからだの中の酵素が少なければ免疫力が減り感染しやすくなり、病気にも罹りやすくなっている。早い話、酵素が多いということは体が元気という証拠。血液が元気な人はからだも元気。

私は最近、一週間に2回、整体に通っている。そして、鏡を見て、足を少し開き、左右の肩を平行にし、2分間、お腹とおしりに力を入れて、頭が天上に引っ張られるように立つ、毎日、これを続けてくださいと指導された。一日に何回すればいいんですかと聞いてみたが、1回で十分ですよと言われた。なあんだ、1回なら、2分くらいあっという間に経ってしまうと、安易に考えていた。

これが案外、至難の業。2分はなかなか経たない。そして、その間、鏡を見ながら、人間の体って左右対称じゃないってつくづく思う。この肩の高さを同じに保つのがどれだけしんどいか・・・。

次の治療の時、先生に聞いてきた。すると、左右対称に戻すこともできますよ。もともと人の体は左右対称ですから。まず、指導を守り、体の筋肉を軟らかくし、もみほぐすことができるようになるとからだも元気になります、返事が返ってきた。その頃には、血液も元気になってくるような気がする。

新鮮なトマトでつくったミネストローネ、はレトルト?

何十年も前に東京に行ったとき、東京都内でマンションを買った友達の家に泊まった。彼女は一人暮らしだったが、自分が働らいたお給料を貯めてマンションの一室を購入した。そのマンションは一階なので上の階より少しは安く買うことができたという。

一緒に泊まった、その頃5歳だった息子は「おばちゃん、お金持ち!!こんなお家買ったん??」と驚いていた。彼女は照れくさそうに、小さいけどね・・・と返事をしていた。すごい!すごい!とずっと言っていた息子は、なかなか人を喜ばせることを知っていたんだと、感心した。

が、よくきいてみると、息子は8階建てのマンション全部が彼女のものだと勘違いしていたらしい。一階のマンションのドアから入り、そのドアから出る、その部屋を外から見ると、なんと大きなお家なんだと思うのも無理はない。我が家の周辺には一戸建ての家しかなく、扉の中はすべてそのお家のものと思っても仕方がない。

そして、翌朝、作ってくれたのが、ミネストローネ。私は、そんな料理を食べさせたことは無く、やはり、息子は、おばちゃん、料理上手だね~~スゴイねえ!!と何度も何度も言いながら、ミネストローネを全部食べてしまった。後から聞くとレトルトだったらしいが、その頃は地方ではそんな珍しいものはなく、東京でしか食べることができない食べ物だと息子は勘違いしたらしい。

今は、東京でも地方でも同じものが手に入るようになってきたが、東京で食べたものは相当、美味しく感じた。そして、東京の人はなんて栄養があるものを食べているんだろうと、つくづく感じた出来事だった。

イタリアンには旬の野菜がイッパイ、これで酵素は満タン

我が家の近所にはイタリアンの店が多く、10分足らずで3軒のお店に行くことができるし、20分あれば、さらに3軒・・・、パスタが食べたくなった時、どの店に行こうか随分、悩んでしまう。時間がないときにはチェーン店に、時間に余裕があり、ちょっと贅沢をしたいときには地元の人が経営しているお店に行く。理由は、そんな店には、野菜が使われていてお皿に乗っている野菜を見るのが楽しみである。

先日、友達が中学生の子供を連れてきた。彼女はお肉が食べたいというので、パスタも一品料理もある近くの店に出かけた。パスタも新鮮な野菜が使われ、私は「岡山のマッシュルームのパスタ」を、主人とお友達は「牛タンと春野菜のパスタ」、中学生の彼女は「サーロインステーキ」を注文した。小さな店だがお客さんが多く出てくるまでに相当時間がかかった。きっと、手の込んだ料理が出てくるんだろうと皆、楽しみに待った。期待通り、私のマッシュルームは生のままで料理され、当たりって感じ。

問題は、なかなか出てこないステーキ。相当待ってやっと出てきた、肉はかたく、そのうえ、塩味がきつく少し食べて、ほとんど残した。理由は、おいしくない・・・。主人と二人で行っていたら、サーロインなんて、どうやっても残さず食べるが、そこまで親しく友達たちないので、そうはいかない。

が、野菜が大嫌いな彼女は付け合せの野菜をパクパク食べた。菜の花、かぶら、ニンジン、大根などがボイルされただけで添えられていた。普段は絶対野菜は食べないらしい。が、今回はよほど美味しかったらしく、もっと、あればいいのに^^と。まあ、彼女のからだもきっと酵素がほしかったんでしょうね。こんなに喜んでくれたので、サーロイン、残しても、まあ、いいかあ!!

からだのなかの酵素の量を増やす方法

健康食品であるサプリメントやジュースが毎日のように紹介されている。今日も仕事に出掛けようとしていると
テレビから酵素を増やすためにやってください~~というフレーズが聞こえてきた。当然、立ち止まって見てしまう。

最近、流行っている断食道場の紹介だった。何度か聞いたことがあるが、実際の様子が映し出されたのは初めて。モチロン、断食なので通常の旅館の紹介で見られる料理の紹介はない。旅番組を見ていても、一番気になるのが、夜の料理の品数の多さ。それから、温泉、朝のバイキングのにぎやかさ。主人に「こんな豪華な料理が食べてみたいよね」と口癖のようにいう私は、断食道場はあまり興味があるものではない。が、最も必要なものかもしれない。

断食をするが、26種類の野菜から作られている酵素だけは飲む。断食によって消化器を休め消化器を丈夫にする、それから、酵素には解毒作用があり体を浄化する、つまり人間の体内の酵素を増やし、酵素の働きを活発にするのが目的らしい。

昔は、何も食べず、体質を改善するという目的で断食をしていた。私の祖父もアトピーがひどく、2か月くらい温泉に寝泊りしてアトピーを治した。私が小さい頃の話、でも、その頃、既に断食をして体質を変えるというのは取り入れていた。私の祖父も酵素を飲んでいたのなら、もう少し短い期間でアトピーは治療できたのだろうか。

苦味もなくあっさりと春野菜で野菜スムージー

冬の野菜は根菜類が多く、野菜スムージーを作っても少し苦味があり、あまりつくりたいとは思わない。大根にしても、春菊にしても、キノコ類にしてもミキサーにかけても、美味しいとは思えない。そんな時期は、キャベツやキュウリやレタスも高く、野菜ジュースを作るゆとりがなかった。その上、寒くて水分を取る気にもならない。冬は水分の摂取量が減っているのは私だけではない。現に、我が家で定期的に届けられるウォータークーラーの水がどんどん溜まってきた。地震が来たときの常備にと納得しているが、あまりにも溜まり過ぎて置いておく場所すらなくなった。

最近、少し暖かくなったので野菜スムージを作ってみようかと畑に出てみた。冬にはなかなか育たなかった野菜類がどんどん育つようになり、日々暖かくなっているのが良くわかる。焼肉と一緒に生で食べるとおいしい春キャベツや、サラダで食べると美味しい玉ねぎなども育ち始めた。おうどんに入れたいネギも冬の間は買っていたが、やっと間に合うくらい伸びてきた。

そうそう、スムージにできそうな野菜は・・・。あるある、定番のキャベツ、小松菜、ブロッコリーも小さな目が出たので入れてみて。ちょっと育ち過ぎたホウレン草も入れてみて。あとは、先週届いたトマトの水煮と少し値段が下がった人参で、出来上がり。

いよいよ、スムージーが美味しい季節がやってきた。同じ材料でスープもできるので、スムージーに飽きたときには、スープメーカーでスープに挑戦。

モスまで自転車で3分、おしるこを買いに行く

今日は暖かいので、3時のおやつは自転車でアイスコーヒーを買いに行くことにした。歩いて5分くらい、自転車でも3分程度で行ける場所にモスがある。気が向けば簡単に行けるので、お昼もモスで済ませる時もある。コーヒー以外になにか食べたいよ~~な気がするんだけど。と主人と私の会話。

そうそう、モスと言えば五穀餅なんとかというおしるこがあるよね、それ買ってきてと言われ、そういえば、私もあのおしるこ、大好き、じゃあ、2個買ってくるよと、自転車で行くことに。

お店について、おしるこくだーーさーーいと颯爽というと、すみません、売り切れましたと返事が返ってきた。4月から新しいメニューになるため終了したという。この予想外の展開に少し固まってしまった私。携帯も持っていなかったので主人にも連絡が取れない。まあ、そんなに大変なことではないけど。痩せている人はこんな時、コーヒーだけ買って帰るんでしょうが、私はそうはいかない。せっかくモスに来たんだから何か買って帰らなければ、と思わずほかのメニューを見てしまう。

かねがね、カロリーを抑えたい私がもともとモスへ行くのが失敗だったのかもしれない。私の大好きなオニオン、は当然、私の好きなバーガーも。野菜一杯だからまあいいかなんて適当な言葉をくっつけて、やはり、2個のバーガーとオニオン、はしっかりの私の自転車のかごに。まあ、夜はダイエットに挑戦しなければ。

沖縄は発酵食品が多い

便利な都会暮らしと違って離島は不便が多い。主人は以前、沖縄の離島で暮らしたことがあり、その頃の話を聞くと私の想像から随分かけ離れている。

離島では、スーパーが9時から5時の公務員並みの勤務であり、生鮮食料品は沖縄の本島から不定期便の貨物船で運ばれてくる。船が着くと牛乳や肉などの生ものを求めて行列ができていたという。そのなかで、牛肉や豚肉などの精肉はどのように入手していたのか尋ねてみると、豚の3枚肉の塩漬け、または島で生まれ育ったヤギ肉を食べていたという。

この塩漬けの3枚肉は日本古来の保存方法である。塩漬けすることで長時間の保存ができ大切な蛋白源を摂取することができた。豆腐も沖縄料理では発酵豆腐が有名なようです発酵と腐敗は、紙一重ですが、人間の知恵で発酵をコントロールすると新たな食品に変わる。ということを聞き、なるほどと私は思いました。

パンの生地も発酵食品、てんぺやチーズも発酵食品。このように身の回りには食料品を発酵させることによって又新しいひとつの食料品が生み出されるのです。

また、これも主人から聞いた話だが、ご飯で食中毒にあったことがあるという。
私はどうして??とビックリして聞き返したのですが、子どものころに炊き立てのご飯をガス釜に蒸らしたまま放置していたら夏場の気温の影響でご飯が腐敗していたという。主人がガス釜をあけ、ご飯をよそうと今日は母が水加減を間違えてお米を軟らかく炊いたんだろうと思い、何も疑わずに腐敗し水が出たご飯を食べたという。結果は言うまでもありません。コレは発酵ではなく、ただの腐敗でしたね