カテゴリー別アーカイブ: 断食について

胃もたれはプチ断食で改善される

先日、テレビを見ていていると胃もたれの話しをしていました。普通にさえ食べれば胃酸は足りるが、食べ過ぎてしまうと胃酸が足りなくなる。そして、胃酸が不足するので胃液で溶けなかった食べ物が消化されず胃に滞在してしまう、これが胃もたれの正体らしい。

そうそう、昨日、息子も主人も疲れ気味だったので焼肉をした。夜は顔を合わすことはないので、お昼の焼肉となった。普段は焼肉は家で食べることはなくお店に行って食べる。が、昨日は久しぶりの雪、家を出る気がしないので、何年かぶりに家で焼肉をすることにした。たれは甘口とか、辛口とかを揃え4種類買った。大根おろしのジアスターゼは胃液の働きを助けると聞いたので、胃もたれ予防のために大根おろしも多めに用意した。野菜もなるべく消化がいいものとか、酵素が多いらしい玉ねぎとかキャベツとか、そろえる。久しぶりの家での焼肉は案外材料を用意し過ぎて、食べ過ぎになるかもと思いながら。

しかし、いざ、肉を焼き始めると、やっぱり食べてしまう。食べすぎかなあと思っても、3人とも、勢いで食べる。夕飯の時間になっても、食事の仕度をする気もなく、体中が焼肉のニオイで、まだ、食べているような気持ち。夜は、ご飯を食べる気がしないので、ちょっと断食、主人は夜、仕事があるので、簡単に済ませた。おなかが空いたというより、夜の仕事のためのエネルギーって感じだった。

次の日、たっぷりの大根おろしの準備の甲斐もなく、案の定、食べ過ぎてみんな胃もたれ。まあ、たまにはアミノ酸の摂り過ぎもいいかも。

連休明けはダイエットに専念

連休には、いろいろ遊びに行った。そして、珍しいものを見つけると、お腹の満腹感も関係なく、食べてしまう。そういうわけで、連休の次の日はダイエット。朝も食べないで、昼は日本そば。夜は、豆腐ハンバーグとキャベツ。きっと、体重は減っただろうと思ってヘルスメーターに乗ってみると、今朝よりも太っている。こんなはずではなかったのに・・・、とちょっとショック。

歳をとってくると、疲労感も2日後に出るが、体重の変動も遅れるんだろうか。今日は食べる量を相当減らしたはずなのに、また太ってしまう。まあ、便秘状態で、この便秘が解消された頃には、体重も減るんだろうかと、ちょっと期待している部分もあるが。

連休はいろいろ遊びまわり食べまくるので、連休明けにはその付けがどっと出てくる。いつも休み明けは体重が増える。そして、週の中間では少し体重が減る。コレを繰り返しながら、わずかながらも体重が減ってくる。とりあえず、連休明けなので、今日はダイエットに専念!!

日本人がイメージしているラマダン

インドネシアに5年近く住んでいた息子から、断食についてチェックが入った。話しの発端は、私も断食をしてみようかなあ、きっと痩せるよねと言う話しからだった。ラマダンについては前にも書いたことがあるが、やっぱり、断食のイメージがある。

30歳になる息子は、バリ島で現地の人と一緒に仕事をしていた。私も彼のバリ滞在に興味があり、何度かバリ島に行ったことがある。さすがに日本人がよく観光で訪れる場所なので私達が行っても違和感なく過ごせた。ホテルでも日本語を話せる人も居たし。ほとんど英語で会話するので、私の単語英語で何とか会話ができた。

が、そんな人はバリ島でも一部の人でやはり、現地の人と一緒に仕事をしていた息子は、インドネシアの一般的な人を知っていた。そして、ラマダンのときは仕事をしない、イスラム教の人がほとんどなので時間になるとお祈りをするために仕事を離れる、日本人のようにこまめな仕事は責任を持たないという印象があり、仕事もなかなか思うように進まなかったらしい。

そして、ラマダンでは断食をして何も食べないと日本では勘違いしているが、日中、つまり、太陽が出て沈むまでは何も食べない、その後は食事をとってもいい、というものらしい。イスラム教の人は、豚肉は食べない、犬は触らない、アルコールは口にしないなどがあり、ラマダンは守るが、日本人はそれを断食と直訳するからおかしい印象になるらしい。

食欲がなくて半断食状態

最近蒸し暑くて、寝苦しく、何だか食欲がない。なんだか食欲が沸かない。蒸し暑くて仕事のスピードが上がらないのに、仕事だけはコンスタントに入ってくる。勿論、仕事優先のため、そうなると日常生活は後回し。ご飯を食べるのもしんどくって、半断食状態。野菜を食べると疲労回復に効果があると言われても、食べたいものしか食べられない。

これでは、仕事の効率が下がってしまうと、気分転換に、ついつい外食の機会が多くなる。朝ごはんはほとんど食べられないが、夜の8時頃になると、ほっとするのと一緒にビールを飲んで、何だか食べられる。そのため、朝の食事を抜いた割りに案外体重は減っていない。やはり、食べていないように感じても私のような性格の人は食べることだけは忘れない。

今日、一緒に食事に行った彼は4月に入社の新人君。本当に、食欲がないらしく、最近何となく痩せてきた。誘った時間が遅かったので、彼は既に食事を済ませていたのもあるが、ほとんど食べなかった。彼は、A型、几帳面で、計画的である。やはり、暑くてしんどいからとか、何だか食欲が沸かないとかいいながらも、精神的・環境的ダメージによるダイエットは、私にはありえない。

 

連休が終わった後で断食を実践

連休は食べ過ぎた^^。

天気も良かったし、そのためビールもおいしくって随分飲んだし、食べ放題に行く機会があり、素直に行ってしまった自分に後悔する。食べ放題は限界まで挑戦してしまう。おなかは満腹でも、精神的に満腹しない。もう、食べるのは止めたほうがいいよとわかっていても、手が止まらない。

食べ放題に行って、取り皿を一回で終えて、ごちそう様ができる人をみると尊敬する。私には、それができない。ほとんどの種類を食べなくては、という使命感についつい何度も足を通わせる。

その結果、連休後の私はちょっと大変、ヘルスメーターの数値はどんどん上がる。おまけに体脂肪の数値も上がる、からだの1/3が脂肪なんだから。

ちょっと断食をして、帳尻合わせをしてみようかと。簡単に増えた体重なんだけど、減らすためには一苦労。大きくなった胃は簡単に小さくならない。食べるのを我慢したり、おやつを止めたり、といろいろ頑張ってはみるが。

このまま、連休たんびに体重が増えてくると、どうなるんだろうと思う。

 

断食をしても酵素だけは断食しない

断食をする。必要な栄養は、もともと体内で余っている脂肪を燃焼しエネルギーに代える。私なんか特にお腹の周りや腕、あらゆるところにエネルギー予備軍が待機している。少々、食事を摂らなくてもからだは我慢できる。ただし、精神的に空腹があるので、断食はちょっと思いつけない。

断食をしながら、酵素だけは取る。当然、食べることを止めるのだから、食物酵素も取り込めない。野菜にある酵素、刺身や肉にある酵素もとれない。食事を胃に送り込まないので代謝酵素も衰える。

昔から言われる断食は本当に何も食べなくて過ごしたんだろうか。私も一度、座禅に行って一食を抜き、その後、精進料理の昼食を出してもらったことがある。テレビでよく見る座禅のときの竹刀で叩くシーン、痛いのかと思うだろうか、本当の竹刀ではなく竹は小さく裁かれたものがまとまっているので、案外痛くなかった。そして、座禅後の食事はおいしかった。お腹が空いたというよりは、頭のなかがすっきりしたのと、ちょっとした開放感から、黙々と食事を摂った。勿論、一切、しゃべってはいけない、音を出してはいけない状態であったが。精進料理には案外酵素をうまく取り込む料理が多く、なかなか優れものだと思う。

断食ができるホテル

以前、なにかのテレビで断食が出来るホテルが紹介されていた。わざわざホテルに行ってまで断食なんて、なんだか損をした気分と思うのは私だけ?

あるホテルでは、長寿のために、美肌をつくるために、新陳代謝を活性化させるために、デドックス効果に、もちろん、ダイエットに、と断食が効果的であることを色々説明している。その中のひとつのホテルには滞在中にセミナーが行われる。

以前、この系列のホテルに泊まった時のことを思い出した。ホテルには、到着したときから不釣合いだった。ドアボーイが車まで荷物を即取りに来てくれるようなホテルはあまり泊まる経験がなかったので、到着と同時に車の荷物の整理しようと思っていたが、そのタイミングをはずしてしまった。

そして、夕食、とっても上品な量だった。こんな量で足りるって感じ。絶対、主人が安いプランをとったせいだろうと思ったが、となりの席の人も、少し離れた席の人たちも同じ食事をしていたし、メニューをそっと見ても、それしかなかったので、みんな一律だったんだろうと思う。が、それを食べている人は皆さん、ゆっくりと食べるし、蝶ネクタイをした5~6歳の男の子も、落ち着いて座って大人と一緒にゆっくりとご飯を食べていた。

こんな、ゆっくりと時間が過ぎる素敵なホテルなら、断食をして、セミナーを聞いても、宿泊者の満足度は100%かもしれない。

 

その予感が的中し、夕食も

 

断食ダイエット

断食を考えてみる。と言っても、私は宗教にこだわっているわけでも、手術後で食べられないわけでもない。

以前、家が代々イスラム教という子が我が家に何日か住んでいた。イスラムの断食、ラマダンは何日か続くらしいが、日中は食べてはいけない、でも、日没から朝日が出るまで食事を摂る。イスラムの人は断食をする、っと言う噂は本当だが、何日もずっと断食をしているわけではなかった。

ずっと前のことだが、・・・子どもを生んだ後は、すぐに何かを食べると吐くのでダメですよ、ちょっと寝てからにしてくださいと言われた。でも、お腹が空いて眠れない。別に病気でもないのだから、どうにかしてほしいっと訴えた。陣痛が起こってから食べる気がしないので、いうなれば10時間以上、何も食べていなかったわけなので。

看護師さんは、しぶしぶ、冷蔵庫にあった牛乳を持ってきてくれた。ゆっくり飲んでくださいね、無理をしないように、と言ったが、そんなことを聞いている間に飲んでしまった。そんなこともあった。

それ以降、手術をする経験もなかった私は、断食と言うものには縁がない。デドックス効果もあり、時々はいいらしいと聞くが、やはり目の前に食べ物があると精神的に負けてしまう。

ホテルでプチ断食、ちょっとあこがれるかもしれない。