断食をしても酵素だけは断食しない


断食をする。必要な栄養は、もともと体内で余っている脂肪を燃焼しエネルギーに代える。私なんか特にお腹の周りや腕、あらゆるところにエネルギー予備軍が待機している。少々、食事を摂らなくてもからだは我慢できる。ただし、精神的に空腹があるので、断食はちょっと思いつけない。

断食をしながら、酵素だけは取る。当然、食べることを止めるのだから、食物酵素も取り込めない。野菜にある酵素、刺身や肉にある酵素もとれない。食事を胃に送り込まないので代謝酵素も衰える。

昔から言われる断食は本当に何も食べなくて過ごしたんだろうか。私も一度、座禅に行って一食を抜き、その後、精進料理の昼食を出してもらったことがある。テレビでよく見る座禅のときの竹刀で叩くシーン、痛いのかと思うだろうか、本当の竹刀ではなく竹は小さく裁かれたものがまとまっているので、案外痛くなかった。そして、座禅後の食事はおいしかった。お腹が空いたというよりは、頭のなかがすっきりしたのと、ちょっとした開放感から、黙々と食事を摂った。勿論、一切、しゃべってはいけない、音を出してはいけない状態であったが。精進料理には案外酵素をうまく取り込む料理が多く、なかなか優れものだと思う。