月別アーカイブ: 2013年6月

眼に効くブルーベリー酵素

一日中、パソコンの前に座っている私は、パソコン目薬やパソコン用のめがねで眼に負担を掛けないように工夫をしている。

パソコン用のめがねは、ヤナセの試乗会に行っていただいた。ベンツのAクラス、最近、モデルチェンジをして、今までの、ファミリータイプとは違って、今回のラインは、ちょっとあこがれる。せめて、試乗くらいは大丈夫かと、ヤナセに行った。そして、車とは関係ないが、ちょっとお洒落なメガネをいただいた。これで、私の目の疲れは少しは違う。

さらに、眼の疲れを取るために、今回、ブルーベリーのジュースをつくってみようと思う。生のブルーベリーはよく食べるし、冷凍ものもヨーグルトに混ぜて食べるが、今回は、ジュースに挑戦。新鮮なブルーベリーが出回っているので、手に入りやすい。ブルーベリー1:砂糖1.1が基本らしい。一週間くら瓶に入れ発酵させると、飲み頃らしい。

仕事中、たまにはエアコンのスイッチを切って、氷を一杯入れたブルーベリーのジュース、ちょっと楽しみ・・・。

酵素ジュースの失敗しない作り方

酵素ジュースの作り方が、いろいろ紹介されている。新鮮な果物で作るジュースは案外簡単に作ることができ、体にもいいらしい。というわけで、ちょっとまじめにポイントを考えてみた。

手をよく洗うこと
手は石鹸で洗う、または手袋をする。まあ、口にするものを作るのだから衛星には気を付けるんだろうと思うが、それだけではない。手の表面についている常在菌がジュースの中に入ると、発酵がうまくいかないらしい。もちろん、容器も熱湯消毒や煮沸消毒で菌を殺す、これはポイント。果物も当然、丁寧に洗うがそのあとは水分を飛ばす。これで傷むのを防ぐ。

砂糖はある程度入れる
砂糖はカロリーが高いので、入れすぎると栄養を摂り過ぎると心配するかもしれないが、砂糖は発酵され糖の性質が変わるので、気にする必要はないらしい。逆に少なすぎると、発酵がうまくいかない。ジャムを作るときにも最低、砂糖を入れなくてはうまく作れない。砂糖は全く入っていませんというジャムは、ちょっとさらっとしている。まあ、イチゴのジャムを作るときにはイチゴ本来が持っている糖分がつなぎとなる。

新鮮な果物や野菜がふんだんにある今、私もちょっと作ってみようかなと思う。

ねばねば野菜で夏を乗り切る

ねばねば野菜は体にいいらしい。例えば、山芋、おくら、モロヘイヤなど、我が家でも、毎日、夏ばて防止にと料理に使っている。そんな野菜には酵素も随分含まれている。

我が家の山芋のレシピをご紹介。と言うよりは、居酒屋メニューで一押し、山芋を摩り下ろして鉄板で焼く、これが案外美味しい。余裕があるときには、ねぎを散らしたり、紫蘇を混ぜて焼くと、更に美味しさup。朝ごはんを作りながら時間がないときには、とりあえず、つくることにしている。

それから、オクラは、やはり胡麻和え。今のオクラは新鮮なので、湯掻かなくても柔らかい。胡麻とあえるときにイカの刺身をしっしょに混ぜると、更に美味しい。

よく考えると、我が家は居酒屋のメニューが多い。野菜を前にして、献立が決まらないとき、いつも食べている居酒屋メニューしか頭に浮かばない。それも、とりあえずの一品、明日もこんな調子で乗り切るんだろうなと思う。

歳をとると消化酵素が減る

歳をとってくると、少しずつ困ったことができる。最近、食事を摂ってもなんだかおいしいと感じなくなった。気のせいかと思いながら友達にそんな話をしてみると同じような答えが返ってきた。食が減ったというより 、えっつ、こんなにおいしい!っておいしいという瞬間と対面できない。

ちょっと調べてみると、アルコールの飲みすぎや動物性たんぱく質を摂り過ぎると消化の際に使われる体内の酵素が減りやすいらしい。人間の体内でつくられる酵素には限界があり、そんな時には、外から補充しなければならない。

他の原因としても、ストレス、食事のとり方にも原因があるらしい。毎日、忙しくご飯を食べると、唾液も出てこない、味をよく分からない、消化もうまくできない、こんな繰り返しで体内酵素はどんどんどんどん減っていく。よく昔の人はするめやゴボウなど硬いものをよく食べていたので、歯が丈夫という話を聴く。が、それ以外にも、ゆっくりご飯を食べていたので唾液も出る量も多く、キット今の人より健康と言う言葉がふさわしい。

私達も徐々に健康でいる体を考えなければならない。

気のせいか最近、味覚に変化が出た。

こんにゃくゼリーのナトリウム

お腹が空いたのでちょっと冷蔵庫を開けてみる。我が家の冷蔵庫には、こんにゃくゼリーが常に入っている。私は今、ライチばかり買っている。おかげで、ほとんどがライチ、その横に、パイナップルのゼリーが。でも、これも食べ過ぎると大変、意外とナトリウムが多い。

ゼロキロカロリーの炭酸水なども、カロリーばかり気になるが、案外、ナトリウムが多いことは表立っていわれない。主人は糖尿病、腎症にならないようにと常々病院からチェックが入る。糖尿病の人が腎臓を悪くすると、食べられる食材がドンと減り、治療もやりにくい。合併症としてはありえるので、できることなら塩分も控えてほしい。こんにゃくゼリーもカロリーが低いのでありがたいが、ナトリウムは無視できない。

まあ、食べる量を控えると自然と塩分の摂取も減るので、まず、食べすぎに一番注意すべき。それから、外食、最近忙しくて外食が多い。食べやすい分、味も濃い。ここにも塩分が・・・。意識して考え直すと、食事って本当に大切なんだと思う。

痩せる要素満載、プロテインダイエット

以前、プロテインダイエットをやってみようと薬局に行ったことがある。箱を手にとって薬剤師さんの説明を聞こうと思ったところで、お客さんが入ってきて、長々しゃべえり始めた。その店は、薬剤師ひとり、他に店員さんもいない小さな店だったので、ひたすら待った。が、話は長引き終わりそうもない、これは待っても仕方がないと思って、商品を陳列に戻して、帰った。

家に帰って、インターネットで調べてみると、随分、色々なところで中古が売られていた。もしかして、これって長続きできないから、こうやって売られているんだろうかと思うと、何だか一機に魅力を感じなくなって、買うのをやめた。

久しぶりに、プロテインダイエットってどんなんだろうと、今日、ネットを見ていると、何だかまた、やりたくなってきた。夜は、プロテインだけを飲んで、胃を小さくする。必要なたんぱく質やビタミンやミネラルは摂取できる。その上、美肌効果があるコエンザイムQ10やコラーゲンも入っている。

粉末を牛乳で溶かして、シェイクして、ゆっくりと飲む。一袋184kcalまでらしいので、痩せることは間違いない。一日の食事のどれか一食を置き換えると、痩せられる気がする。

昔流行った腸内洗浄の効果

むかし、腸内洗浄が流行ったことがある。まだ、通販という形でものを買うのが主流ではない頃で、随分前だったと思う。家族には内緒にしていたので、郵便局にこっそり振り込みに行って商品を購入した。腸洗浄用のキットが届いたときも、とりあえず言葉を濁した。

宿便が溜まる私は、腸内を洗浄することで溜まっている便を出すと、絶対、気持ちよくいられると創造した。私の知り合いの薬剤師の人も宿便をためないようにして、10キロ体重を落とした。私もそんな風になるのか、ちょっぴり期待もしていた。

コーヒーを適度な温度にまで温め、腸内に入れ、と同時に、便を出す、今考えると、何であの時、あんなに流行ったんだろうと不思議だが。実施した後は、すっきりし、何だかお腹もへこみ、随分痩せたような気がした。とにかくいつも溜まっている便が出たんだから、すっきりしたのは間違いない。

何年経って、そんなダイエット法がありましたよね、でも、あれは便を出すだけ、次の便が溜まるまでの時間がちょっと長いだけ、一緒のことなんですよ、とテレビで話しているのを聞いた。

私だけではない、あのブームに乗って、買った人は随分いるはず。その人たちはそのことを知っているんだろうか。

夏バテに酵素を取り込む

最近、とっても暑くて、本当につらい。家族から、何と言われようが、友達からえええって言われようが、私は毎日、寝て過ごしたいっと思いながらも、コツコツと主婦をする。主婦って大変、朝起きた時から自分の中で責務って感じる朝ごはんの支度。とってもしんどく・・・、逆にいろいろ作る。どうしてかといえば、いろいろ作っていれば、食欲がない家族でもなにか食べるだろうと、考えた結果だ。

お昼は、インスタント、か、隣の吉野家。とりあえず、一緒に仕事をしている主人の健康だけは考えなくってはと思いながらも。最近、吉野家にウナギが登場した。即、買いに行く。家にウナギを買うときには、鹿児島とか、愛媛産しか買わないといいながらも、吉野家の場合、産地は少しも気にならない。とりあえず、食べられるだけラッキー!!

夜、ほとんど外食、回転ずしか、中華か、焼肉。これには、酵素と共通点がある。中華と寿司に使われている穀物酢には発酵させる際のアミノ酸や酵素がたっぷり含まれ、焼肉にはこれにもまた酵素が。

人の体は知らず知らず、酵素を取り込み、健康を保っているんだと、やっぱり焼肉を食べに行く。

サントリーのDAKARAで熱中症対策

サントリーのDAKARAのコマーシャルを見ていると、熱中症対策としてお勧めですっと謳っている。この暑い時期、体内の熱も上がる一方で、病気なのか、暑さのせいかわからないくらい、からだがあつくてだるい。体温計で実際に計ってみても平熱、かといって、自分は平常ではないと理解できる。

他の人に聞いてみても、何だか体がしんどくって、なにもやる気が湧かないって答えが返ってくる。私も今週は最悪で、一度も家族の食事を作ったことがない。仕事は最低限やらなくてはいけないので、優先順位1位、そして、洗濯は梅雨の切れ間にいそいそとするので第2位、そんななかで食事の仕度は優先順位も低く、当然、後回し。

家族の皆さん、すみませんね~~、体の不調は栄養ドリンクで、水分はウォータークーラーで、それでも体がだるいときはちょっと重症なので、DAKARAを飲んで、乗り越えて!!

今の私にできることは、冷蔵庫の中に常にDAKARAを入れておくこと、朝ごはんだけでも一生懸命作って家族の体調を確認すること、とりあえず自分が倒れないで家族のみんなに負担を掛けないこと・・・、これぐらいですかね。

酵素が使われている化粧品

最近の化粧品には酵素が入ったものが多い。酵素は空気に触れたり、汚れるのを嫌うのか、一包ずつ包装されているものが多い。使うときはなんだかゴージャスな気分になるのは私だけなんだろうか。白い粉を混ぜ合わせるときには、ちょっとワクワクする。

休日前の夜は、気が済むまで仕事をして、クタクタになって家に帰り、パックをする。休日は休日で出かけることが多いので、案外落ち着くのは夜の11時ころ。そして、明日から仕事なんだからもう寝なくてはと夜を楽しむことができない。なので、休日前の夜がとっても待ち遠しい。

そして、ときどき、ちょっと値段の高いパックを買う。別にどうしても欲しいと思うものはないので、とりあえず、ちょっと高いものが買う。それから、最近、通販などでお試し用を買ってしまう。値段的にも千円前後なので、試してみようと思う機会も多い。

もうひとつ、●●製薬とか、●●薬品とかいう、化粧品会社以外から出ている化粧品、ついつい手が出てしまう。薬をつくる過程で、平衡に研究され、つくられたものなんだろうと興味がある。

酵素が入った化粧品なども研究され開発されているので、自分が使ったことがない化粧品と出会えるのが楽しみでもある。