月別アーカイブ: 2013年9月

楽天の優勝に便乗して宮崎牛

私は、プロ野球は好きなほうではない。が、高校野球は、新鮮で、チアガールや応援団が頑張っている姿に感銘を受ける。毎年、夏の大会は甲子園まで行って、出場校の応援に最も近い場所、ネット際に席をとって応援する。たまには、出場校の応援グッズをフェンス越しにいただけるときもある。野球選手にはネックになる浜風も、見ている私達には本当にありがたい風、暑い中、たまにしか風が来ないムンムンとした空気の甲子園で一日を過ごすと、元気をもらえる。

プロ野球がよくわからない私でも、楽天の優勝には興味がある。なぜかというと優勝セール。私がすんでいるところは、巨人が優勝したからといってデパートまで行き記念商品を買える場所ではない。

そんな私は、楽天が優勝した次の日は朝から検索しっぱなし。ただ、時間ごとにかわるお得商品にはついていけず、ターゲットをお肉に絞った。高級焼肉店でよく「うちは宮崎産・A5」ですとか、「都城の牛肉は格別」とかよく耳にしていたので、宮崎牛を買った。込み合っているので、商品が遅れるかも・・・とのお断りが書かれていた。そうでしょうね、私みたいな人がイッパイいるだろうし、と待つことにした。が、翌日、商品が届いて、ちょっとうれしいような・・・、複雑。

早速、昨晩は焼肉を。プレートに乗ったときから、あまいかおりで、やっぱりねってかんじだった。

日本シリーズも、楽天が勝ってほしいと願うのは私だけではないはず。

毎年、9月にアレルギーが出る私

連休なので、いそいそと草引きをした。もう、庭も限界って感じ。夏はもちろん草が多かったが、水分もなかったので案外草ははえなかった。が、最近の台風の余波の雨や程よい日差しが草が生えやすいように、後押ししている。草を引いてみると我が家の庭も案外広く感じる。案外、草ひきもわるくはないようね・・・、ダイエットにもなるし。

ここまでは良かったが、この後が大変。手首や足首にホロセができて、かゆくてかゆくて。日ごと、だんだんひどくなるので、ついに皮膚科に行くことに。もともと病院は嫌いなので、我慢していたが、誰かにうつると大変なことに、と病院へ行った。結果は、草や土のアレルギーですね。草引きをするときにはゴム手袋を着用してください、と診断結果が。先生、私、今まで草にまけたことはないんですけど・・・、それに、草のアレルギーなんかあるんですかと聞いてみた。

今まで、何度何度さわってもなんともなかった人がある日、それにまける、よくあることなんですよ。だから、アレルギーなんです。一度、でるともう直すということはできないので、なるべく近寄らないことですね。

さらに先生の言葉は続き、それから、去年もこの頃に病院に来ていますね、そのときは髪染めにまけて湿疹ができていましたが、その後、どうですか、改善しましたか~~と。その時も皮膚はだんだん歳をとっていくんだから、あまり酷使しないようにと注意された。歳をとってくると、いろいろ大変です。

私が知っている全国のお寿司

連休なので手作り料理をと思いながらも、やっぱり回転ずしに並ぶ。うちの近くの回転寿司は11時と同時に人が入り12時前にはすでに満席になっている。そして、私たちも例外ではなく、その列に並ぶ。 今回は、葉っぱで巻いて保存に向いているおすしをご紹介。典型的なものは、富山の鮭ずし、これは本当にいろいろなお店で扱っている。何軒か食べてみたが、その中でも私は一軒だけ好きなお店があり、主人が富山に出張に行った際には、そのお店のものだけを買ってきてもらうようにしている。

それから、和歌山や大阪の岸和田近辺にある柿の葉ずし、これは生協でも手に入るし、サービスエリアや関空にもあるので、まあ有名かもしれない。柿の葉の香りがなんとなく秋を思わせ、夏が終わったころ、つまり、今の時期は特においしくいただける。

それから、私が好きなのは、ほっかぶりずし、まあ、これは、イワシのにぎりに葉を使うのではなく、大根の酢漬けをのせている。北海道の物産展ではよく見かけ、釧路の駅弁らしい。私も釧路に何度か行ったことがあるが、釧路では見かけたことがないので、時期があるんだろうと思う。

ちょっと考えてみても保存を兼ねたおすしが頭に浮かぶ。おすしは酢酸が入り、ネタはタンパク質、そのうえ、保存で乳酸発酵が進み、からだにもプラスなことばかり。ろいろなおすしがついつい食べたくなるのは、もともともっている気質なんだろうと思う。

カレーで汗だく、これで痩せるかも

昨日、主人とインドカレーを食べに行った。辛さは、0~5までのランクから選ぶ。お店の人はインドの人だったと思うが、流ちょうな日本語で説明してくれた。そして、私たちはカレーと一緒にシシカバブーとタンドリーチキン、そして、サラダバーやナン、フリードリンクがついたセットメニュー。カレーは、4種類注文できた。

で、私はマトンで辛さ3とエビ辛さ1、主人はエッグキーマ辛さ1、チキンとなす辛さ0。私は香辛料やスパイスが大好きで、カレーも辛口が好き、主人は少しでも辛いと汗ダクダク、着替えがなければお店から出られないくらい汗が噴き出る。その日も着替えを持参していなかったの、とりあえず辛さがないものを選んだ。

いよいよ、テーブルにカレーが並んだ。辛さ3のカレーは、あまり辛くもなく、こくがあり、とってもおいしかった。今まで行ったカレー専門店とか、カレーのチェーン店とかは、やけに辛く苦味も感じるようなカレーの辛さに挑戦するような味だった。辛いの好きだから、辛み●にして、とか、最高●に●人挑戦しましたとか、インドカレーの辛口=人間の限界という感じだった。が、今回はおいしかった。シシカバブーも、タンドリーチキンも、サラダバイキングのソースも珍しかったし、ドリンクバーのヨーグルトはカレーと一緒に飲むと口の中がスッキリ。

インドカレーの辛さで汗ダクダク、今までの私たちはなんて失礼なインドカレーを食べていたんだろう。

 

 

DHCのフォースコリー

DHCが販売しているプロテインダイエットは、以前、試してみた。もう何年も前に手に入れた。その時は、少し試したものですがお譲りします、という商品がイッパイ出回っていたことだった。他の人も途中で断念したんだと思いながら買ってみたが、私もそのひとりになってしまった。食事の代わりのプロテインが、私の中で精神的空腹感から脱出できなかったという敗因だった。

今回、試してみようと思うのが、フォースコリー。同じようにDHCから出ているもので、今回はサプリメント。南海キャンディーズの山里さんのコマーシャルでよく見ていて気になったが、秋になって一段と脂肪が増えてきた私には、これかなっと思う。

このフォースコリー、朝・晩食事前に合計4錠を飲む、少し運動を多めに取り入れる、急な変化はみられないのでゆっくりと状態をみていると、少しずつ体内の脂肪は燃焼してくれる。遊離脂肪酸やエネルギーを作り出すミトコンドリア内に運ぶはたらきがあるカルニチンを一緒に飲むと一層効果があるらしい。そうそう、私の細胞はひとつひとつが働きが鈍ってきているような気がする。

年齢によって酵素ドリンクの選び方は違う?

酵素ドリンクには色々な種類があり、その中から自分に合った酵素ドリンクはなかなか絞りきれない。年を重ねるごとに体内の代謝酵素が減ってくると言うのはよく耳にする。

医療関係の仕事をしている主人に具体的に聞いてみた。もともと人間の体のピークは30歳頃にあり、それからホルモンも代謝酵素も減少していく一方。細胞数の減少や免疫の抗体産生量の減少で易感染状態となる。それから、体脂肪が増えることによって薬の効きが悪くなる、それから、臓器の機能が衰えてくるので胃もたれや消化不良が起きる。それから、徐々に体が錆びてきてがん細胞が出現し始める。それから、・・・。永延と続く主人の説明。

少しくらいいいことはない?って聞いてみると、うん!! 年をとってくると、気が太くなってきて、少しのことでも動じない。言われてみて、確かに心当たりがある。

そんな中で酵素を選ぶときのお勧めは?って聞いてみた。年をとるにつれて肝臓での酵素系の活性が低下するので、体内で薬物濃度が上昇し副作用のリスクが高くなるんだよとの返答が。じゃあ、酵素を選ぶときには代謝酵素を上げてくれるものがいいんだろうか。これから、酵素ドリンクの説明書きをみるときには、重点的に研究してみよう。

330種類の野菜や果物の酵素が入った美酵素ゼリー

330種類の野菜や果物の酵素が濃縮された美酵素ゼリー。さらに、ゼリーにはプラセンタ、コラーゲン、ビタミン、アミノ酸、ヒアルロン酸、ロイヤルゼリー、イソフラボンなどが含まれ、もうこれ以上はないと思えるような美肌にありがたいゼリーをみつけた。今まで100種類くらいの酵素が含まれたサプリメントやジュースはみたことがあるが、今回は330種類、よく、ここまでの成分を見つけられたなあと感心する。

今、女性が一番関心を持っているのは、酵素とコラーゲン、ちょっと年を取った人はコンドロイチンかもしれないが・・・。そして最近、よく耳にするプラセンタ。女性の関心はますます増強する中で、酵素の成分が増えることにはちょっと関心がある。

さらに興味があったので、今回、メルマガ会員に登録してみた。これから、どんな素敵な商品を紹介してくれるんだろうと、期待している。やっと涼しくなり、お化粧をしても夏ほど落ちないし、暑くて思いつけなかったパックも時々使っている。暑さでそんなことには一向に無頓着だったが、涼しくなって少しは気を使わなくては。

アフリカの人も飲むルイボスティー

健康維持を謳っているお茶にはいろんな種類がある。その中で気になったのがルイボスティー。ルイボスティーは南アフリカで昔から飲まれているらしい。人間の体液に使いミネラルや酵素も豊富に含まれる。

南アフリカの人といえば、とてつもなく視力がよくて、遠くの獲物を捕らえることができると聞いたことがある。それ以上に、獣に対して身の危険を感じたときには逃げる必要があるので、そのためにも視力は大切な武器なんだ。そして、身体能力が高く、日本人が一生懸命跳躍しても、アフリカの人には、そう、簡単に勝つことができない。

息子が大学生の頃、ケニアに行ったことがある。一週間の旅行で、現地で寝泊りを一緒にしたという。家に泊めてもらった、と喜んでいたがその家は牛の糞を壁土代わりにしたものだった。狩猟民族の人は、狩をしながら移動するのかと思ったら集落ができているとか・・・。ただし、むこうの人は暇だからちょっと散歩に行ってくるといって、まあ、一週間は帰って来ない。それは、家出、と聞いてみたが普通らしい。

日本のようにチマチマしていないアフリカの人たちが飲んでいるルイボスティー、なんだかたくましくなったような気がする。

よく必須アミノ酸をバケツに置き換えて説明されている。バケツといっても今風なポリバケツではなく、木をつなぎ合わせた桶のようなタイプ。そして、その長さがアミノ酸によって違っていても、最低のアミノ酸の摂取ができていなければ、他のアミノ酸も効果を発揮しない。

MB900222488まあ、こんな桶ですかね。

この桶は全て同じ高さで作られているが、仮にどこか1本だけでも短い箇所があるとそこまでしか水をためることができない。必須アミノ酸も一緒。9種類のアミノ酸のなかに摂取が少ないアミノ酸があると、桶の水をいくら満杯にしようとしても中身が漏れてしまう。アミノ酸も満遍なく基準以上に摂取してこそ、効果を発揮する。

9種類のアミノ酸、フェニルアラニン、メチオニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジン、バリン、リジン、イソロイシン、ロイシン。試験の直前によく覚えていたが、丸暗記だったのでなかなか覚えることができなかった、なつかしい思い出である。

 

美容酵素をサプリメントでとる

サプリメントに含まれた酵素を取ってお肌を若々しく保つ、それは年齢を重ねると必要かもしれない。年を取るといろいろと不足するものができてくる。どうしてかっていうと減ってきてもそれに匹敵するくらいつくられなくなってきている。

DHCは化粧品が有名だが、そんなところから酵素が含まれたサプリメントが出ている。DHCの健康食品はいろいろある。歳をとってくると、時間を見つけてドラッグストアに行くようになった。生活で必要なものを手に入れるためにも行くが、それ以外に、これってあったらいいなーーっと思うような健康食品が随分あり、それを見るのが楽しみです。

水溶性ビタミンや脂溶性ビタミンが含まれたものや必須アミノ酸が含まれたものもある。それから、葉酸とかが含まれたものもあり、葉酸は細胞が元気でいるために必要なものでもある。本当は酸素を十分吸って、ストレスをためなければ必要はないものであるが、毎日、健康でいるためには考え直す必要もある。