月別アーカイブ: 2013年11月

もうすぐ届く万田酵素の美容液

先日、万田酵素の化粧品を取り寄せた。モチロン、お試し用のトライアルキット。連休に一泊旅行に出掛け、宿泊した夜と翌朝で2回分の基礎化粧品を試してみた。普段、ばたばたした生活をしているので、こういうときを使って試供品や新しく買った化粧品をゆっくり使ってみる。バックのなかでも場所をとらないし、第一、ホテルでの、のんびりした時間は何だか丁寧に使う。家ではとりあえず塗るという感じだが、ホテルでの時間は自分にとっても優雅な時間に感じられるので、ちょっとお得。

結果、化粧品と美容液を使うことに。何といっても酵素が入っているという言葉は、必要以上に敏感に頭の中に残り、ついつい買いたくなる。普段、使っている化粧品より少し高価だが、酵素が皮膚の中まで浸透すると思うと、まあ、ありかなと思える価格。年をとっていくとともにワンランク上の化粧品を使うようになり、もう、上がないくらいのところまできた。

最近、化粧品にヒアルロン酸入りとか、コラーゲンが注入されているとかあり、まだまだ化粧品も変わっていくんだろうと思う。今日のニュースをみていると、グリコからも化粧品が出ているらしい。また、試すかも!!

ビフィズス菌でも乳酸菌でもない枯草菌ビオマイン

ビフィズス菌でも乳酸菌でもない枯草菌、枯草菌はグラム陽性桿菌で、芽胞を形成する真菌。まあ、真菌なのでウイルスなんかと違い、案外大きい粒子に分類されると思う。陽性桿菌ということ、つまり、酸素があっても繁殖できる。今回、これを紹介するのはカルピスから販売されたビオマイン。C-3102株は口から飲んでも胃で消化されず、生きたまま腸まで行って、やっと腸で効果が出るらしい。

枯草菌は納豆の菌とかと一緒で、いかにも体によさそう。ただし、血液凝固阻止薬などの薬剤を処方されている人にはよくないらしい。血液凝固阻止薬は、血圧が高い人とか、血液がドロドロの人が血液をサラサラにするために飲むことがある。そんな人は、ほかの薬も飲んでいたりするので、注意が必要なんだろうと思う。

最近、いろいろな健康食品があり、お菓子のメーカーから出ているものやイマークのように水産加工の会社から出ているものもあり、試してみたいとついつい思ってしまう。イマークを飲み始めた時も脂肪が減ってきたので、結構感激した。それ以降、いろいろ試してみるのが楽しみで、私も健康ブームに乗っかっているような感じ。

カルピスはもともと、乳酸菌の研究をされているので、枯草菌の新しい株、C-3102株も発見することができたんだろう。これもいつか試してみようと、ちょっと関心がある。

連休明けはダイエットに専念

連休には、いろいろ遊びに行った。そして、珍しいものを見つけると、お腹の満腹感も関係なく、食べてしまう。そういうわけで、連休の次の日はダイエット。朝も食べないで、昼は日本そば。夜は、豆腐ハンバーグとキャベツ。きっと、体重は減っただろうと思ってヘルスメーターに乗ってみると、今朝よりも太っている。こんなはずではなかったのに・・・、とちょっとショック。

歳をとってくると、疲労感も2日後に出るが、体重の変動も遅れるんだろうか。今日は食べる量を相当減らしたはずなのに、また太ってしまう。まあ、便秘状態で、この便秘が解消された頃には、体重も減るんだろうかと、ちょっと期待している部分もあるが。

連休はいろいろ遊びまわり食べまくるので、連休明けにはその付けがどっと出てくる。いつも休み明けは体重が増える。そして、週の中間では少し体重が減る。コレを繰り返しながら、わずかながらも体重が減ってくる。とりあえず、連休明けなので、今日はダイエットに専念!!

紅葉を見たいのに温泉旅館がとれなかった

紅葉を見るチャンスは今年最後かもしれないと、主人とどこかへ一泊で出かけようと計画をし始めた。急に寒くなったこともあり、温泉に泊まりたいと思い、一晩中、温泉がある旅館を探してみたが、連休というものあり、じゃらんでも楽天トラベルでも、すでに泊まりたいホテルも旅館もすべて満室だった。

我が家は、急に泊まりを思いつく。計画性があまりなく、時には車で走りながら、「今日は、ホテル取る」と、近くのコンビニで化粧品を買ったり、ユニクロで着替えを買ったりで、買ったナイロン袋のままフロントに入る。隣りでチェックインをしている人を見ると、正装されている人の横で、ちょっと恥ずかしいときもあるくらい。

以前、唐戸市場でお祭りをしていたので、急に一泊を思いついた。さすがに観光地なので当然、ホテルなんか全然あいてない。インターネットで調べてもまったくない。駅の案内に聞いてみたが、ほかの人も大勢問い合わせのために並んでいるが、一時間以上離れたホテルしか紹介してくれない。みんな、調べる方法は一緒なんだなと、今回はもう駄目だろうとあきらめていた。が、マイペースな私たちは、案外あきらめない。駅の横にあるポスターにふと目が行き、ホテルの文字が・・・。即、電話をしてみると一室だけあり、即申し込んだ。大きくはないホテルだったが、室内もきれい、しかも、唐戸市場から歩いて5分。当然、すぐに車を入れて唐戸の夜を楽しんだ。

たまには計画的な旅行というものを楽しんでみたいと思う。

明治のプロバイオティクス

明治から売り出されているプロバイオティクスは、飲むヨーグルト。口から飲んだ乳酸菌が腸まで届き、体に乳酸菌が働く。夜中、何気なくつけていたテレビだったが、この話を聞いてふと目が覚めた。そうそう、からだにいいとか健康になるという言葉を聞くと、思わず目が覚めてしっかり見てしまう。ニュースの内容は、明治はこのヨーグルトの生産ラインを大きく変え、1.3倍に増やすということだった。今の健康ブームで主力にする生産も変わっていくらしい。

私が明治と聞いて、頭に浮かぶのはサイコロキャラメルとか、板チョコ。サイコロキャラメルは口の中いっぱいになる大きさのキャラメルで、子供のころ虫歯になりそうと思いながらも、サイコロが欲しいためによく食べた。が、最近はダイエットのために、いつの間にかお菓子というものは年に数回しか食べなくなった。

以前、嗽をしながら容器を見ると、明治のイソジンといううがい薬だった。イソジンは病院でも風邪をひいて、数種類の薬をもらって帰る中にも一緒にしっかり入っている。ちょっと苦くて、いかにも菌を撃退してくれそうな口当たりだが、そんなイソジンも明治から出ている。

人の嗜好が変わると、口にする食べ物とか、販売される商品とか、いろいろなものが一緒に変わっていくんだとつくづく思う。

毎朝飲んでいるプロポリス

私は、毎朝、プロポリスを飲んでいる。主人は、ミツバチマーヤだから蜂蜜の飲んでいるの?と言うが、どういわれても仕方がない。飲み始めて、もうすぐ2ヶ月になるが、案外、効果が出ている。現在、ダイエット中なので、体重は減量して来ているが、その割りに肌にシワが出ない。

私、痩せたんですよ、と言いながら、ちょっと痛々しいシーンをみることがある。自分でダイエット計画をした人は、痩せることができても、何だか首筋にシワが残ったり、顔や腕にたるみがみられたり・・・、と努力したんだなあと思ってしまう。

私は、2か月近くで7キロ痩せたが、なんだか以前より肌の張りもあり、お腹の周りが特に痩せてきている。コレは、プロの指導のもとの計画なので、案外、楽しくやせることができる。ただ、極端に太った人のお腹は、皮膚が伸びてしまっているので、痩せたときにシワの隠しようがないらしい。

ダイエットのために必須なプロポリス。ダイエットをするときには、最低必要なものとそうではないものを考えて、その上で、うまくとりいれて計画するときれいに痩せることができるらしい。

寒くなってくるとお世話になる万田酵素の保湿クリーム

最近寒くなり、お肌がバリバリ。年をとってくると脂もなくなり、保湿クリームが必須となってきた。夏は少しサボることができても、冬は絶対にサボってはいけない。そして、今、お気に入りは、万田酵素から出ている夜用保湿クリーム。少し高め?かもしれなけれど、次の日の朝、しっとりとして、気持ちがいい。洗顔石鹸や化粧水も気持ちがいいが、保湿クリームは相当お気に入り。

最近、薬品会社から販売されている化粧品が多い。もともと、からだを治すためにいろいろ研究されている会社なので、化粧品の信用度も高い。私は30年以上使ってきた化粧品メーカーを卒業して、いろいろ試してみるようになった。特に酵素が入ったものは、皮膚の中のほうまでしみこんでいくような気がして、ついつい買ってしまう。

酵素入り、この言葉にはとても敏感。通販でついつい取り寄せたり、お試しキットを買ってみたり。そして、今は、洗顔から保湿クリームまで万田酵素に落ち着いた。特に洗顔なんかは、きれいなあわ立ちなので、肌を守りながら、汚れを落としてくれるように思える。ますます、化粧品から離れられない季節。今日の夜も冷えそうなので、保湿クリームをたっぷりと塗って寝ようと思う。明日が楽しみ!!

一日くらい断食しても大丈夫

今、断食が流行っている。ホテルのファスティング専用パックとか、ファスティング用のサプリメントとか。でも、私のように脂肪をたっぷり蓄えている人は酵素だけ補充していれば何日かは大丈夫なんではと思う。

私の体には20キロの脂肪を抱いていた。体の隅々まで脂肪を張り巡らしているが、これが減ってきたときには大層、動くのが楽になるんだろうと思う。その脂肪量が最近、20キロを切った。が、まだまだ人より多い。女の人は脂肪量が、男の人より多く、特に皮下脂肪が多い。皮下脂肪は必要なものでもあり、あまりダイエットに走らないように、メタボリックシンドロームの基準も甘い。まあ、皮下脂肪は許されても中性脂肪は健康のために気を付けなくてないけない。

適度はファスティングは、健康のためにもいいし、美肌効果も上がる。心も体もデドックス。私も時々、ファスティングをするが、翌日の朝は目覚めもいいし、頭が軽い。以外と、食べていない憂鬱さより、食べていないすがすがしさのほうが勝つ。食べられないことがつらい、というより明日の朝はどれくらい脂肪量が減るんだろうかが楽しみな状態である。、

酵素を飲んで内臓脂肪を減らす

年をとってくると、体内酵素が減少し新陳代謝が落ちるため、内臓脂肪が増えてくる。まあ、酵素以外にも、ホルモンの分泌の低下や免疫力の低下で、onとoffのバランスが悪くなり皮下脂肪が蓄積し始めるなどもあるが。そして、見た目にもだんだん肥満が目立ち始める。

まあ、皮下脂肪は多少は許せるとしても、内蔵脂肪はそこそこにしておかなくてはいけない。内臓につく脂肪が肝臓につくと脂肪肝、血管にいくと動脈硬化の原因にもなる。今の内臓脂肪は、やや過剰、適度な運動や食事のとり方でどうにか標準になる範囲。これが過剰までいくと、医療を取り入れなくてはいけない範囲になる。

メタボリックシンドロームの診断基準でもウェスト周囲径が男性85cm女性90cmを超え、高血糖、脂質代謝異常、高血圧の3つのうち2つに当てはまると診断されるが、その前に内臓脂肪の蓄積が必須条件である。この診断でも登場する内臓脂肪。必須というときには、なにかを手に入れたいときに案外使う言葉だが、こんな時の必須条件では、あまりありがたくない。

私も中性脂肪は以前、過剰レベルにいたが、最近、お酢を飲むようになってやや過剰まで減ってきた。お酢は血圧も下げるし、血糖値を上げない効果もある。ちょっとすっぱいがとりあえず、美味しいと思って飲み続けようと思う。

耳ツボダイエットはすごいかもしれない

今朝、新聞のチラシをみていると、4か月で30キロ減量に成功した男性の写真が出ていた。使用前・使用後の写真が出ているが、同一の人物とは絶対に思えない。本当に同じ人なんだろうか。今までもこんな誇大と思うような広告はみたことがあるが・・・。

気になったので、耳ツボダイエットの教室に電話をしてみた。すると、「まあ、3ヶ月で10キロは普通です、しかも、リバウンドもせず、痩せたときのシワも余り目立ちません」という話しだった。では、それ以上に痩せたいときはと思わず聞いてしまった。

「プログラムを正確にこなし、その上で、少し運動を取り入れると、効果が上がると思います。」との解答だった。

そうですよね・・・、普通ではなかなか痩せない。私を30キロ減の人に置き換えてみた。まあ、以前より10キロ以上太った私は10キロは痩せることができてもそれ以上は痩せられないのでは・・・。一日中パソコンの前に座る、消費するカロリーは基礎代謝量とほとんど変わらない、つまり一日食べ過ぎている状態。痩せるためには食べる量を減らす、または、運動やウォーキングで燃焼する、のどちらかの方法でなければ、体に脂肪が残ってしまう。