月別アーカイブ: 2014年5月

日本最北端の町でつくったもち米

極寒の北海道では、お米の作付けがよくないと言われているが、旭川の上にある遠別町という海に面した町で、もち米が取れる最北端の町がある。農業実習生を取り入れ農業を盛んにしようとしているが、人口減少が続く町で、これから町の産業をどのようにすればいいのか、決断を迫られているところらしい。主人は若いころ、その町に住んでいたことがある。

北海道と聞くと食べ物がおいしい、沖縄と聞くと琉球料理と、皆さんは創造しがちですが、それは交通の便がいい場所。LCCも増え、日帰りで行ける町が増えましたが、主人がいた沖縄や北海道は空港から遠くはなれ、その町で生活が完結するような地域でした。

北海道で取れるもち米も加工米が主で、北海道の名物とまではいかない。おかきやせんべいの原材料となる。私たちが普段口にする、おもちやおこわは、冬場マイナス40度まで下がる地域ではあまり食感もよくないようです。加工米しかとれないのであれば、もっとお菓子を作ればいいと考えた私ですが、もち米を使ってつくる、おかき、せんべい以外には何も思いつかず・・・。

やはり、いい場所で作った、いい食物は、いい素材になるんだとつくづく思ってしまう。

モスバーガーの菜つみバーガー

最近、家族の食事をまねに作るようにしているが、今日は仕事が溜まり、忙しかったのでお昼はパンに。まあ、朝はまめに、ご飯を炊き、カマスの塩焼き、ホウレンソウのゴマ和え、生野菜のサラダ、山菜煮、味噌汁と、そこそこ栄養は摂れていたかと思うので、手抜きさせてもらってもいいかな~~とモスに決定!!

主人は野菜多い目にしてほしい、ということから、パンズがレタスに変わった菜摘。モスバーガーはもともと野菜が多く、新鮮。時間がないときは予約ができない分、時間がかかるのでモスは食べたが我慢する。

今日は少々早い目に行ったので、出来上がるのを待っても、まあいいかと店内で注文した。そういえば、最近、ドライブスルーが増えたのもわかるような気がする。店内で待っていても雑誌を読むほどでもなく、ドライブスルーにすればよかったかなと思う。我が家の隣の吉野家も最近、ドライブスルーを新設した。車で出来上がるまで車でまちたいのは、どのファーストフードを食べたくなっても、この心理は一緒なのかもしれない。

そんなことを考えているうちに出来上がった。急いで持って帰り、今日のお昼は酵素一杯のおひるごはん。

江戸前寿司の葉ねぎ、旬の野菜には酵素がイッパイ

先日、仕事で東京ビックサイトへ。仕事上、朝市の飛行機で出かけ、最終の飛行機で帰ってくるという日帰りのコース。まあ、会社勤めの人にとっては、こんな日帰りの業務はあまり珍しくもないらしい。やはり、朝市の飛行機は背広姿の人が多かった。帰りの便は、この人たちは東京で商用を済ませて再び乗るんだろうかとか思いながら東京へ。飛行機は満席で、搭乗手続きをするのが遅かった私達夫婦は、少し離れた席へ。

以前も最終便の飛行機で東京に出かけたときがあったが、その時もほとんどビジネスマン、その上、夏だったので、機内はビールのニオイと汗のにおいが充満していた。金曜日だったこともあり、一週間が終わったと、ほっとしている人が多かったんだろうか、みんなビールを飲んで即、爆睡だった。

そして、羽田へ。ビックサイトは以前も来たことがあるので、まあ、仕事の延長と割り切って商談。しかし、半日以上それが続くと、もうへとへと。というわけで、お昼は築地で御寿司。主人は何度か行ったことがあるらしいが私は初めてだったので、ワクワクしながら到着。

当然、昼食は大好きな御寿司。江戸前という言葉をいつも想像していたので、東京のおすしらしい御寿司を食べようと、注文した。結果・・・、あまり特別とは思わなかったが、マグロのトロと芽ねぎのおすしだけは、本当に美味しいと思った。

芽ねぎは東京でしか味わうことができない。ねぎの香りもあり、さわやかでもあり。私は芽ねぎで品良く閉めようとしていたが、主人は美味しいものは最後のタイプだった??て聞いてきた。私達の普段からの食へのこだわりはこんなもんだったんだ。

今日のお昼は新玉ねぎ、旬の野菜は酵素がイッパイ

スーパーに新たまねぎが並ぶようになり、主婦としては結構ありがたい。3個とか4個で100~150円、これは買わなくては。

というのも、玉ねぎの成分には血圧を下げる効果や、がん予防にも効果があるとテレビでしていた。私の知り合いも毎日、玉ねぎを半分、サラダや酢物にして食べるという人がいる。この人は病院で高血圧と診断され、降圧薬を飲んでいた。事務職の彼女は歩いたり運動をしたりの時間はあまりなく、食事と薬で調整するしかない。毎日、玉ねぎを食べるように、血圧が下がった。その後も、習慣になり玉ねぎを毎日食べている。

我が家も健康のためにといろいろ調理法には関心があり、毎日、3食の中のどこかで玉ねぎを取り入れる。新玉ねぎはサラダにしても、あまり水にさらさなくても、少しドレッシングをかけただけで食べれる。

玉ねぎを味噌汁に入れると、これも案外いける。定食を食べに行っても、よく入っている。店に寄れば、ほとんど玉ねぎの形がなくなるほど煮ているときもある。その分、味噌汁があまくなっているので、欠かせない。私の母は、おでんを作るとき、おでんの肉と一緒に玉ねぎを大きく切って最初から煮込む。そうすると、ほとんど砂糖を使わなくても、あまいも入ったおでんが出来上がる。

お昼はおそば。その横には、玉ねぎのかき揚げ。また、ハヤシライス、と、いろいろレパートリーがある。

ただし、忙しいときは、吉野家ですませる。でも、牛丼にもたまねぎが入っているのでからだにいいんだろうと自分に言い聞かせている。

キャベツもカリフラワーも大根もガーニヤパウダーで

最近、一日の気温が上がってきて野菜もよく育つようになった。我が家から3分で行ける産直市場にも随分野菜の種類が増え、行くたびに、かごの中がイッパイになるくらい買いたくなある野菜が並ぶ。冬の間は、イモ類や根菜類か、せいぜいほうれん草くらいしか出回らず、夕食のメニューも思い浮かず、煮物が多かった。

最近、野菜は種類が多く、買い物に行っても随分楽しみが増えた。そして、温野菜のサラダを作っても種類が多く、今日は何にしようかと、食事のしたくに時間を取られなくてすむ。イモ類は火が通るまでに時間がかかり調理時間も長時間で面倒だったが、最近、出回っている野菜は少し湯がいたり手を加えるだけで食卓に並ぶことができる。

今、よく使うのがカリフラワー。スープにもできるし、ブロッコリーと一緒に2色のクリーム煮とか、酢物にもいろいろ使える。そうそう、天麩羅にしてもおいしく、お弁当にも入れやすく冷蔵庫には常に入っている一品かもしれない。数種類の野菜と一緒に蒸すか、湯がくかで、簡単にできる温野菜。最近は、ガーニヤパウダーという便利なものがあり、野菜に味付けをしなくても、このソースで十分プロっぽく料理が仕上がる。

カリフラワーを湯がく鍋には、大根や、かぶらや、ピーマンが。

今は、我が家の冷蔵庫には酵素がたっぷり含まれた野菜が満載。

霜降りヒラタケでダイエット

キノコには酵素も多くカロリーが低いため、よく健康食品に推奨される。長野に行った時も、長野のキノコ類の豊富さにはちょっと感激した。以前、霧ケ峰に行った時も、いろいろなキノコが売られていた。あまり、なじみがないキノコの種類に、これって食べられるんだろうかと心配しながらも、きのこそばのおいしさも手伝って、数種類のキノコを買って帰った。長野=山菜+きのこというイメージを抱くのは私だけなんだろうかと思うくらい、長野に行くと聞いたことがないキノコとお目にかかる。

本日、我が家の食卓には「霜降りヒラタケ」。雪国まいたけと似たフレーズだけど、見た目は全然違う。デカシメジのようなこの霜降りヒラタケはいったいなんだろうと思うくらい今まで聞いたことがない。

とありあえず、調理をしてみるが、よくわからないので、ゴマ油で焼き、大根おろしを入れで、ポン酢で食べるメニューを選んだ。焼きながら、きっと、これはパスタに使っても、グラタンに使ってもおいしいんだろうと想像できた。

主人の一品に出してみると、案外好評で、また作ってねとのリクエストが。そうそう、今日のこの霜降りヒラタケのカロリーは、ほとんど0。スーパーにキノコの種類が増えてきたので、ダイエットを目指す私たちにはちょっとラッキーです。

私が知っている富山・氷見のお寿司

先日、富山県に行った。食べてばっかりなので、今度は、黒部ダムに行きたいと思ったが、よく調べてみると黒部ダムはむしろ長野側から上っていったほうが近く、私達の日程では無理という結論で、即、止めた。

そして、主人がお昼ごはんは氷見のブリを食べに行こうと言い始めた。いつも食べることが中心なので、今回は却下と思いながらも時間的にちょうどいい計画でもあった。当然、ハンドルを切って氷見に出かける。彼は、富山には何度も出張で来ていて氷見も分かっているので、思いつきやすいということだった。

以前、主人が富山からブリを送ってきてくれた。彼は仕事中で家に帰ることができなかったので、家にいた子どもと私で裁き近所にもおすそ分けをした。まな板も流し台も脂でギトギトして、何度も何度も洗いながら裁いたのを覚えている。そんな氷見に来たのでブリを食べないわけにはいかない。

主人が「氷見には、きときと寿司の本店がある、ぜったいそこへ行こう」と言う。当然、ブリもあるし、富山の魚が食べられるという。先日、富山在住の人から白エビをいただき、その美味しさもあり、富山では絶対魚を食べたいと期待していた。入って見ると、新鮮な魚が何種類もあり選ぶのに困った。主人と1貫ずつ分けて何種類か食べたいと言いながらも、あれもこれも、それも、みんなたべてみたい私にとって、今度、富山に来ることが無いかもしれないので、食べなくてはと責務のように感じ、食べつくした。

全国には、まだまだ、まだまだ食べてみたい御寿司がたくさんあります。

大高酵素のおがくずを野菜の土に混ぜる

近所の大高酵素で酵素風呂の利用後のおがくずを安く分けてくれる。大きなお米の袋イッパイで●円という安さで、気軽に手に入る。既に使ったことがある人からも、野菜を育てる土に少し混ぜると野菜や草花などの育ちがよくなると好評らしい。

我が家でも最近、自分たちで野菜を作ってみようかといろいろ研究中である。化学肥料や人工的に作られた土壌は身体によくないらしく、がんの原因にもなるという。もう何十年も前、自然農法というのが流行り、私の姉も何冊か、本を買っていた。そして、全国からも泊り込みで勉強に来て、まず、土作りを勉強していた。肥えた土は軟らかく、耕してもごつごつとしていない。そして、種を蒔いても芽が出やすく、のびのびと育つ。

テレビを見ていて、畑の土を食べているシェフを見たことがある。えって思ったが、それくらい身体のために何も悪いものは使っていないという証しらしい。実際、いい土はおいしいという。そして、そんな土で野菜を育ててほしいと思うらしい。

私達も野菜作りは素人、まず、土壌の勉強からスタートしようかと思う。大高酵素のおがくずを買って土に混ぜてみようかなあ、と主人と話し合った。

九谷焼茶碗まつり に行ってきました

連休を使って日本海側を回ってきました。そして、片山津温泉に泊まり、翌日、金沢へ。

今まで、新潟に用があり、北陸道は何度も走っている。運転をしていると石川県、特に加賀温泉郷周辺や金沢でインターを降りる車や入ってくる車が多く、石川県というところはどんなところなんだろうと、いろいろ想像していた。

で、やっと今回、片山津温泉にある旅館に泊まることができた。加賀温泉郷と言われ、温泉が点在している。私達が泊まった温泉の近くには道後温泉のように温泉街はなかったが風情があり、お湯もよくて、満喫できた。

そして、一般道から金沢に入る途中に、九谷焼茶碗まつりの文字に遭遇した。常々、食べることを中心にした生活から、他の趣味に変えなくてはと思っていた私達は、明日はやっぱり、この祭りに参加しようねと言いながら金沢に向かった。金沢ではもちろん、近江町で、どじょう、ウナギの肝、海鮮丼と定番の食べつくし。そして、夜は加賀料理の専門店へ。今日は食べてしまったけど、明日は情緒に浸ることができる陶器を見に行こうね、と楽しみに金沢の夜を過ごした。

いよいよ、九谷焼。昨年は20万人もの来場者があったらしく、結構、大きい祭りだった。友達は有田焼のまつりに毎年家族で出かけるが、きっとこんな感じなんだろうと思う。ブースが50以上、こんな中から自分が好きな食器を選ぶことができるんだろうかと思ったが、見始めるとやはり「これ、絶対ほしい」と思うお店があり、何枚か買って帰った。主人は隣りで「ウルトラマンがほしい」とウルトラマンの箸置き?を数個買う気になっている。えっ、何個買うつもり?と心配しいてると、一個がいくらかよく分かっていなかったらしい。あんな小さなものが2000円もする?とお店の人に聞いて少し顰蹙をかっていた。

やはり、日頃から少しずつ見る目を肥やさなければ、あんな場所にも行けないよねえ・・・と笑って、九谷焼の会場を後にした。

北海道の旬のアスパラガスには酵素がイッパイ

息子が連休を使って北海道へ遊びに行った。彼は大学・大学院と北海道で過ごしているので私より北海道のことに詳しい。彼が北海道にいるとき、5月の末頃にアスパラガスを送ってくれたことがある。生で食べられ、スープにしても、天麩羅にしても、フライにしても美味しく、いろいろな調理法で食べることができた。そして、北海道の生活も慣れた数年後に贈答用の紫と緑と白のアスパラを送ってくれた。サラダにしても色とりどりで楽しくいただけ、いろいろ楽しむことができた。

そんなアスパラガスの美味しさを堪能できたので、今回も、買ってきてくれるよう頼んだ。今回は、空港とかお土産屋さんで売っているものではなく、スーパーで陳列されている物をお願いした。この時期なら、地元の人が食べている地物のアスパラガスが手に入るはず。形はあまりきれいではなくても新鮮なものが出回っている時期なので、期待できた。

彼が出発して4日後、帰ってきた。お土産は、何種類かのアスパラガス。几帳面な彼は、私の要望どおり数件のスーパーを回って買ってきてくれた。早速、天麩羅にした。薄く衣を付けてさくっと揚げる。衣に火が通る程度で終わり。油を切ってお皿に盛る。我ながら、絶対上手くできている自信があり、みんなの食べる姿が楽しみ!!

食べてみると・・・!!思った通りのできに、えへへって感じ。こんな新鮮な野菜は酵素もふんだんに蓄えているので、体にもよさそう。やはりスーパーのものを頼んでよかった。北海道は魚も肉も美味しいが、ジャガイモやトウモロコシなど、野菜の美味しさは格別だと思う。