ビール酵母でますます健康になる


ビールばかり飲んでいると、体に悪いですよ、とよくいわれるが、悪いことばかりではない。ビールに入っている酵母、一部ではダイエットでも用いられている。

ビールの原料であるホップや麦芽が酵素によって分解されると糖になる。いうなれば、酵母はアルコールが発酵するときに旨みとなる必要な微生物なんです。生きてるんです。

そのビール酵母は、栄養補給のためのサプリメントなどでも使われ、ひとのからがの健康にもお手伝いをしてくれる。ビールをよく飲む人は不健全、なんていえないですよね。

ワインでも一緒で、ワインのポリフェノールは、体の酸化を防ぐ。このポリフェノールは、コーヒーにも含まれ、私達、一日何倍もコーヒーを飲む人間にとっては、色々な面からこの情報はありがたい。

人間の体はうまくできていて、少しの取り込みは体にも有益な作用が多いが、とりすぎると禁物。これが問題で、マイナス効果を作り出す。まあ、何にしても、度が過ぎるとよくない、ほどほどって所ですね。