抗酸化作用にはダイエット効果がある


お茶にはポリフェノールが含まれ、このポリフェノールには抗酸化作用がある、こんな言葉をよく耳にする。抗酸化作用ねえ、これって??酸素の酸っていう言葉がついているので体にいいんじゃないのと勘違いしてしまう。

もともと、人間の体は酸化している。酸化=錆びついていく、つまり生きているだけで、だんだん錆びついていっている。この抗酸化作用は、活性化酸素を抑える効果があるので必要だが、過剰すぎると弊害が起きる。ほどほどの抗酸化作用のある食物をたべて、少しでも老化を防ぐ。

抗酸化作用が多く含まれている食品は、意外と身近にある。大豆に含まれているイソフラボン、トウガラシに含まれているカプサイシン、ゴマに含まれているセサミン、それからいろいろなビタミンなど。その気になって料理をするときに食材を使うと家族の体はどんどん元気になる。

家族の体を酸化させるのも、酸化から守るのも食事のとり方で全然違ってくる。