紅葉を見たいのに温泉旅館がとれなかった


紅葉を見るチャンスは今年最後かもしれないと、主人とどこかへ一泊で出かけようと計画をし始めた。急に寒くなったこともあり、温泉に泊まりたいと思い、一晩中、温泉がある旅館を探してみたが、連休というものあり、じゃらんでも楽天トラベルでも、すでに泊まりたいホテルも旅館もすべて満室だった。

我が家は、急に泊まりを思いつく。計画性があまりなく、時には車で走りながら、「今日は、ホテル取る」と、近くのコンビニで化粧品を買ったり、ユニクロで着替えを買ったりで、買ったナイロン袋のままフロントに入る。隣りでチェックインをしている人を見ると、正装されている人の横で、ちょっと恥ずかしいときもあるくらい。

以前、唐戸市場でお祭りをしていたので、急に一泊を思いついた。さすがに観光地なので当然、ホテルなんか全然あいてない。インターネットで調べてもまったくない。駅の案内に聞いてみたが、ほかの人も大勢問い合わせのために並んでいるが、一時間以上離れたホテルしか紹介してくれない。みんな、調べる方法は一緒なんだなと、今回はもう駄目だろうとあきらめていた。が、マイペースな私たちは、案外あきらめない。駅の横にあるポスターにふと目が行き、ホテルの文字が・・・。即、電話をしてみると一室だけあり、即申し込んだ。大きくはないホテルだったが、室内もきれい、しかも、唐戸市場から歩いて5分。当然、すぐに車を入れて唐戸の夜を楽しんだ。

たまには計画的な旅行というものを楽しんでみたいと思う。