万田酵素に行ってきました


先週の日曜日、万田酵素に行ってきました。因島という島で高速を降りて、約10分。どんなところなんだろうとワクワクしながら行ってみると、大きな大根が私たちを迎えてくれました。ビックリ、でしたが、まあ、でもこれはモニュメントでしたが。

中に入ると、寒い日だったのに、結構観光の人が。聞いてみると一年中、見学の人が多く、応対している人たちが間に合わないときもあるらしい。小さな島なのに、こんなに観光の人が多いのに本当にビックリです。

そして、いよいよ農場の見学へ。説明を聞きながら園を周ったが、中には、おおきい大根、一杯小芋を付けたサトイモ、大きなキャベツ、大きなカリフラワー、大きなブロッコリー、・・・何を見てもビックリでした。

それから、玉ねぎやかんきつ類は、大きくなるわけではないが甘みが強いらしい。驚いたのは、1本の木に16種類の柑橘がなっているという話だった。柑橘はもともと接木をして芽を出したり、新種を育てるが、ここまでいろいろな種類の柑橘がなっているのは肥料用の酵素の力らしい。みかん、いよかん、はるみ、・・・、数えてみたが、途中で分からなくなってしまった。農場を一週歩いて30分近く、驚き連続でした。その後は、研究棟へ。

まだまだ、いい足りないので研究棟の話しは後日。