今日のお昼は新玉ねぎ、旬の野菜は酵素がイッパイ


スーパーに新たまねぎが並ぶようになり、主婦としては結構ありがたい。3個とか4個で100~150円、これは買わなくては。

というのも、玉ねぎの成分には血圧を下げる効果や、がん予防にも効果があるとテレビでしていた。私の知り合いも毎日、玉ねぎを半分、サラダや酢物にして食べるという人がいる。この人は病院で高血圧と診断され、降圧薬を飲んでいた。事務職の彼女は歩いたり運動をしたりの時間はあまりなく、食事と薬で調整するしかない。毎日、玉ねぎを食べるように、血圧が下がった。その後も、習慣になり玉ねぎを毎日食べている。

我が家も健康のためにといろいろ調理法には関心があり、毎日、3食の中のどこかで玉ねぎを取り入れる。新玉ねぎはサラダにしても、あまり水にさらさなくても、少しドレッシングをかけただけで食べれる。

玉ねぎを味噌汁に入れると、これも案外いける。定食を食べに行っても、よく入っている。店に寄れば、ほとんど玉ねぎの形がなくなるほど煮ているときもある。その分、味噌汁があまくなっているので、欠かせない。私の母は、おでんを作るとき、おでんの肉と一緒に玉ねぎを大きく切って最初から煮込む。そうすると、ほとんど砂糖を使わなくても、あまいも入ったおでんが出来上がる。

お昼はおそば。その横には、玉ねぎのかき揚げ。また、ハヤシライス、と、いろいろレパートリーがある。

ただし、忙しいときは、吉野家ですませる。でも、牛丼にもたまねぎが入っているのでからだにいいんだろうと自分に言い聞かせている。