焼肉と一緒に食べるキムチの酵素パワー


韓国風の焼肉を食べに行くと、焼肉と一緒にキムチやカクテキを注文する。私は豆モヤシのキムチが好きでナムルを食べる機会が多い。

韓国料理は健康の理にかなっている。焼肉のたれは野菜や果物・昆布を長時間寝かせて熟成させ出来上がる。私が知っている焼肉屋さんでも、20種類近くの材料を熟成させ、こだわりのたれを作っている。

そして、さらに唐辛子やにんにくで漬け込むキムチは乳酸菌が発酵しているので、焼肉と一緒に食べると、次の日、すっきりいられるのも当然なんだと思う。以前、読んだ本では、中国や韓国料理の医食同源という言葉があった。食材をうまく使って健康を保っている。

日本料理は、煮物や茹で、蒸し、生などで食べることでカロリーが低い。見るからにボリュームもなく、上品というか、質素というか・・・、とにかく、こじんまりとまとまっている。

中華料理や韓国料理は、一度油通ししたり、油で揚げた後を料理したり、と日本料理と比べるとダイナミックであるが、案外、その後で体重は増えない。寒い環境の中で、唐辛子やにんにくを使って体温を上げ、いろいろな種類の野菜を使った料理は健康食品かもしれない。ただし、あくまでも食べすぎには注意しなければ。