酵素にある基質特異性


酵素には基質特異性がある。こんな言葉は難しくて、ちょっと引いてしまう。が、酵素には、愛想があり、どの相手とでも一緒になるわけではないので、仕方がない。たんぱく質はタンパク質分解酵素でしか分解できない、脂肪分解酵素でなくては分解できない。まあ、カギと鍵穴に良く例えられ、同じように見えるカギでも、それぞれ違う。

よく洗濯用の洗剤に、酵素が入っていますというフレーズがあるが、あれは汗のたんぱく質を分解する酵素が入っている。と言うわけで、汗の成分を考えてみた。

と言うわけで、ちょっと知識のある主人に聞いてみた。医療系に勤める主人は、きっと正確に酵素の基質特異性を話してくれるに違いない。

皮脂とかのあぶらが洗剤に含まれる酵素によって吸着され汚れを取る、それが酵素のパワーだと言う。汗かきの主人の下着は、やはり酵素入りの洗剤でなくては汚れが落ちない。きっと、洗濯機の中では、数ある酵素が、数ある汚れと手を組んで、衣類の線維の汚れを落としてくれているんだろうと思う。