夏には欠かすことができない梅干


私は梅干はあまり好きではない。が、夏、長距離を運転していると、ガムは飽きてくる、のど飴もたべるのに限界がある、と思ったときは、梅を食べる。しかも、最近は梅干の種を取ったものや、ちょっと食べやすく甘みを加えたものやジュースが多く出回っている。

昨日も知人に不幸があり、一日で、往復1000キロの移動。この猛暑のなか、いくらコーヒーを飲んでも飲み足らない、これ以上飲むと胃がだめになる。こんなときは梅干しを食べるしかない、運転をしながら、ぽそぽそと梅干を食べ続ける。梅にはクエン酸が多く含まれ、疲労回復にもいい。その上、抗酸化作用もあるので、お肌にもいい。

ひたすら運転をしていても、高速内でいろいろ楽しめることが多くなったのが、せめてもの救いかもしれない。温泉もあるし、ホテルもある。疲れると、そこで休むことができる。今回は、使っていないが、諏訪湖の真上にあるサービスエリアの温泉は、本当に助かる。長野に用があるときは、時々利用するが、景色もよく、体を休めるためには、いい感じの温泉だと思う。

夏バテで、運転をしているので食欲が湧かない、といいながらも、休憩都度何かをたべている私は、長距離の運転をするたびに太って帰る。