乳酸菌が入った青汁


青汁と言えば、野菜や大麦若葉が入ったもので、食物繊維が取れるからと飲み続けている人も多い。色々なものを原材料にした青汁が結構出回っている。そして、今回、そんな青汁に植物性乳酸菌が入ったものをみつけた。

動物性の乳酸菌は、ヨーグルトやカルピスなどにあり大体想像がつくが、植物性の乳酸菌はあまりみない。沢庵とかは乳酸発酵させたものだが栄養ドリンクには使われることもない。今日私がみた乳酸菌はお米由来のものらしい。植物性のほうが動物性のものに比べて余分なカロリーをとらなくて、いいんじゃないのかなあーーーとみてしまった。乳酸菌は腸にまでいくと、善玉菌を増やしてくれる。善玉菌が増える=腸内洗浄、つまり腸の周りにしっかりとこびりついた脂肪や老廃物を取り除いてくれるので、腸の働きを活発になると宿便も減る。

人間のからだには、もともと常在菌があり、体を守ってくれる。その常在菌も歳をとると減っていく。さらに、便秘や過食はその傾向をさらに高める。いくら健康オタクだからといって、からだに必要な菌までなくしてしまうと、それは健康とはいえない。人間に必要なミネラルは青汁や乳酸菌で捕食という食生活、ありかもしれない。