新芽には栄養がイッパイ、だけど名前が難しい最近の野菜


先週の生協の注文用紙に、ベビーリーフが出ていたので、どんな野菜なんだろうと、とりあえず買ってみた。写真をみると、いろんな野菜が入り、そのままサラダにもできそうなので手抜きができると楽しみにしていた。

そして、いよいよ家に配達された。届いたのは、野菜の若い葉っぱだった。葉がしっかりしていないものもあり、袋の中で少し弱っている、水に入れてしゃっきとさせようにも、みずみずしさもない。スーパーでならば絶対に見切り品のコーナーに置かれているような品物だった。

よく考えてみると、ベビーリーフ、つまり葉っぱの赤ちゃん、新芽に近いので栄養もあるらしく、ランチでもサラダとして出ている。よく考えてみれば、わかりそうなものだったのに、ちょっとがっかり。

それから、ブロッコリースプラウト、発がん性物質を抑える解毒酵素を活性化するらしく人気がある。我が家もちょこちょこ買うが、これは、ブロッコリーの発芽して1週間くらいまでのものらしい。ただ、食べる部分が少ししかないのでの丁寧に切り取らなくてはいけない。

ベビーリーフもブロッコリースプラウトも、若い芽には栄養があり、上手に使ってからだのサビをとらなくては!!