新鮮なトマトでつくったミネストローネ、はレトルト?


何十年も前に東京に行ったとき、東京都内でマンションを買った友達の家に泊まった。彼女は一人暮らしだったが、自分が働らいたお給料を貯めてマンションの一室を購入した。そのマンションは一階なので上の階より少しは安く買うことができたという。

一緒に泊まった、その頃5歳だった息子は「おばちゃん、お金持ち!!こんなお家買ったん??」と驚いていた。彼女は照れくさそうに、小さいけどね・・・と返事をしていた。すごい!すごい!とずっと言っていた息子は、なかなか人を喜ばせることを知っていたんだと、感心した。

が、よくきいてみると、息子は8階建てのマンション全部が彼女のものだと勘違いしていたらしい。一階のマンションのドアから入り、そのドアから出る、その部屋を外から見ると、なんと大きなお家なんだと思うのも無理はない。我が家の周辺には一戸建ての家しかなく、扉の中はすべてそのお家のものと思っても仕方がない。

そして、翌朝、作ってくれたのが、ミネストローネ。私は、そんな料理を食べさせたことは無く、やはり、息子は、おばちゃん、料理上手だね~~スゴイねえ!!と何度も何度も言いながら、ミネストローネを全部食べてしまった。後から聞くとレトルトだったらしいが、その頃は地方ではそんな珍しいものはなく、東京でしか食べることができない食べ物だと息子は勘違いしたらしい。

今は、東京でも地方でも同じものが手に入るようになってきたが、東京で食べたものは相当、美味しく感じた。そして、東京の人はなんて栄養があるものを食べているんだろうと、つくづく感じた出来事だった。