キャベツもカリフラワーも大根もガーニヤパウダーで


最近、一日の気温が上がってきて野菜もよく育つようになった。我が家から3分で行ける産直市場にも随分野菜の種類が増え、行くたびに、かごの中がイッパイになるくらい買いたくなある野菜が並ぶ。冬の間は、イモ類や根菜類か、せいぜいほうれん草くらいしか出回らず、夕食のメニューも思い浮かず、煮物が多かった。

最近、野菜は種類が多く、買い物に行っても随分楽しみが増えた。そして、温野菜のサラダを作っても種類が多く、今日は何にしようかと、食事のしたくに時間を取られなくてすむ。イモ類は火が通るまでに時間がかかり調理時間も長時間で面倒だったが、最近、出回っている野菜は少し湯がいたり手を加えるだけで食卓に並ぶことができる。

今、よく使うのがカリフラワー。スープにもできるし、ブロッコリーと一緒に2色のクリーム煮とか、酢物にもいろいろ使える。そうそう、天麩羅にしてもおいしく、お弁当にも入れやすく冷蔵庫には常に入っている一品かもしれない。数種類の野菜と一緒に蒸すか、湯がくかで、簡単にできる温野菜。最近は、ガーニヤパウダーという便利なものがあり、野菜に味付けをしなくても、このソースで十分プロっぽく料理が仕上がる。

カリフラワーを湯がく鍋には、大根や、かぶらや、ピーマンが。

今は、我が家の冷蔵庫には酵素がたっぷり含まれた野菜が満載。