酵素がいっぱいの山形のだし


私たち夫婦は仕事の都合で、ほとんどの県に足を踏み入れているが、山形というところには行ったことがない。車で北海道に行くときは北陸自動車道を通り、新潟から東北自動車道に入り青森を抜けて北海道に行く。以前、福島が話題になったころも仙台で牛タンを食べたり福島城周辺に遊びに行ったが、やはり、そのときも山形に立ち寄っていない。山形というと佐藤錦や米沢牛が頭によぎるが、どちらも高級品で食べたことがない。そんな山形に「だし」という食べ物がある。

この、「だし」という食べ物は相当興味があったが実際にみたことがなかった。そして、見よう見まねで、私風のだしを作ってみた。どうも、きゅうり、オクラ、やまいもを小さめのサイコロにカットし、一緒に青紫蘇やしょうがの千切り、ミョウガと刻みこぶを入れる。程よく粘りも出て、いかにも健康食品のようだ。

ところが、この「だし」が、最近、生協でもスーパーでも販売するようになった。うんうん、私が作った感じで、まあ、合格って感じ。特に夏になると、こんな食品が食べやすく、1パック買っても主人と私ですぐに食べてしまう。

いつか、本場に行って「だし」というものを食べてみたいと思っている。