酵素を飲んで内臓脂肪を減らす


年をとってくると、体内酵素が減少し新陳代謝が落ちるため、内臓脂肪が増えてくる。まあ、酵素以外にも、ホルモンの分泌の低下や免疫力の低下で、onとoffのバランスが悪くなり皮下脂肪が蓄積し始めるなどもあるが。そして、見た目にもだんだん肥満が目立ち始める。

まあ、皮下脂肪は多少は許せるとしても、内蔵脂肪はそこそこにしておかなくてはいけない。内臓につく脂肪が肝臓につくと脂肪肝、血管にいくと動脈硬化の原因にもなる。今の内臓脂肪は、やや過剰、適度な運動や食事のとり方でどうにか標準になる範囲。これが過剰までいくと、医療を取り入れなくてはいけない範囲になる。

メタボリックシンドロームの診断基準でもウェスト周囲径が男性85cm女性90cmを超え、高血糖、脂質代謝異常、高血圧の3つのうち2つに当てはまると診断されるが、その前に内臓脂肪の蓄積が必須条件である。この診断でも登場する内臓脂肪。必須というときには、なにかを手に入れたいときに案外使う言葉だが、こんな時の必須条件では、あまりありがたくない。

私も中性脂肪は以前、過剰レベルにいたが、最近、お酢を飲むようになってやや過剰まで減ってきた。お酢は血圧も下げるし、血糖値を上げない効果もある。ちょっとすっぱいがとりあえず、美味しいと思って飲み続けようと思う。