夏バテに酵素を取り込む


最近、とっても暑くて、本当につらい。家族から、何と言われようが、友達からえええって言われようが、私は毎日、寝て過ごしたいっと思いながらも、コツコツと主婦をする。主婦って大変、朝起きた時から自分の中で責務って感じる朝ごはんの支度。とってもしんどく・・・、逆にいろいろ作る。どうしてかといえば、いろいろ作っていれば、食欲がない家族でもなにか食べるだろうと、考えた結果だ。

お昼は、インスタント、か、隣の吉野家。とりあえず、一緒に仕事をしている主人の健康だけは考えなくってはと思いながらも。最近、吉野家にウナギが登場した。即、買いに行く。家にウナギを買うときには、鹿児島とか、愛媛産しか買わないといいながらも、吉野家の場合、産地は少しも気にならない。とりあえず、食べられるだけラッキー!!

夜、ほとんど外食、回転ずしか、中華か、焼肉。これには、酵素と共通点がある。中華と寿司に使われている穀物酢には発酵させる際のアミノ酸や酵素がたっぷり含まれ、焼肉にはこれにもまた酵素が。

人の体は知らず知らず、酵素を取り込み、健康を保っているんだと、やっぱり焼肉を食べに行く。