酵素ドリンクを豆乳で割って、植物性たんぱく質を摂っています。


濃縮タイプの酵素ドリンクで朝食置き換えダイエットをしています。
飲むときには通常、水で割るのですが、私は豆乳で割ることが多いです。
豆乳を使うのは、ダイエットで不足する栄養素を補うためです。

もちろん酵素ドリンクでも補うことはできるのですが、ダイエット中だとどうしても普通の食事でも肉や魚を敬遠してしまいがちになります。

肉や魚から摂るたんぱく質が少なくなると、肌荒れや筋力低下などの体調不良が起きてしまいます。

かといって脂身の多い肉はダイエット中は食べたくないし……といろいろ考えた結果、豆乳にたどりつきました。

豆乳には大豆由来の植物性タンパク質が豊富に含まれています。
そのうえ、女性ホルモンによく似た成分である大豆イソフラボンも入っています。
ダイエット中はホルモンバランスが崩れがちです。

大豆イソフラボンでホルモンバランスを整えれば、ダイエット中の肌荒れや生理不順を解消することができるのです。

酵素ドリンクを豆乳で割るときには、最初は水も入れて豆乳の量を少なめにするのがよいです。

酵素ドリンクにはいろいろな味のものがあり、豆乳との相性もいろいろだからです。
また、豆乳は飲んだことのない人にとっては、少し癖のある飲み物です。
なので、少しずつ慣らしていくのがおすすめです。

慣れたら、水を入れずに豆乳と酵素ドリンクだけで飲めるようになります。
冬は温めた豆乳に酵素ドリンクを入れるのがおすすめです。
体が芯から温まります。