冬は体が冷えるのでカプサイシンでホッカホカ


最近、急に寒さが舞い戻ってきて日中は動くことができても夜になると何もする気にならない。寒くて隣りの部屋に行くのも億劫になる。

今日も夕方から急に冷え始め、うごきたくないーーって感じ。そんなとき、主人が「台湾料理を食べに行こー」と。主人は今日も夜8:00から仕事、その前に、晩御飯を食べる習慣があり、その間にも仕事の電話が入る。そのため、外食に行っても、あまりゆっくり食事をとる時間はない。

そんな中、豚の四川風炒めを食べに行こうという。主人はそれを食べながら下着まで汗でびっしょりになる。それを食べに行くときにはタオル持参で行くが、それでも間に合わない。そして、行く前にはお風呂のお湯をセットして、下着も整えて、出掛ける。

私が注文した唐揚げとレバニラ炒めが先に出てきたが、今日は一段とニンニクとトウガラシが強い。このままで行くと、きっと豚肉の四川風炒めは一段と辛いんだろうね~~と主人としゃべっていたが、やっぱり。

今日のトウガラシの量も半端じゃない。いつものシェフ(板前さん?)ではないのかなと思うくらい、ヘビーな味つけ。汗だくの主人に店の定員さんは申し訳なさそうに「きつかったですかー」といわれたが、私達はこれが食べたかったんだからっと返事をした。今日は特別、辛かったねーとも言えず。

でも、その後、一晩中、体がホコホコして、寒さしらず。